世界のトレンドを独自の視点からお届け

menu

トレンド情報局

お父さん犬カイくん引退!二代目海斗くんのツイッターと比較!黒い噂も…

ソフトバンクのCMでおなじみのカイくんが引退することになりましたね。
そして、二代目海斗くんはTwitter(ツイッター)をしていることも判明。

犬の年齢や二匹を画像で比較。
そしてお父さん犬にまつわる黒い噂もあります。

Sponcered Link


■カイくんプロフィール■


別名・愛称 (白い)お父さん
生物 イヌ
犬種 北海道犬
生年月日 2003年10月10日
年齢 10歳
出身地 北海道勇払郡むかわ町
体重 15kg
体長 50cm
好物 ソーセージとロケ弁のシャケ、きゅうり
所属 湘南動物プロダクション
妹 ネネ
弟 ポロ
子供 そら、ゆめ、海斗、他2匹


●経歴


2004年 NHK朝の連続テレビ小説「天花」に出演。
2006年 TBS系ドラマ「里見八犬伝」に出演。
2007年 ソフトバンクのCM「白戸家の人々」に「お父さん」役として出演。
2009年10月27日 北海道犬保存会鵡川支部長の飼い犬の同じ北海道犬とお見合い結婚。
2009年末 読売新聞のCMに出演。
2010年 テレビ朝日のドラマ「臨場 第2シリーズ」出演。
2010年6月12日 ペアリング(人口繁殖)した北海道犬「ピリカ」との間に雄雌2匹の子供が誕生(オス「そらくん」メス「ゆめちゃん」
2010年7月7日 もう一方のパートナーの北海道犬「灯希奈(ときな)」との間に雌雄3匹の子供が誕生。うち一匹「海斗(雄)」は帯広の個人に譲られる。

●出演DVD


「カイくん日和」



「カイくんの若草物語」




あまり知られていないかも知れませんが、お父さん犬は「ある事情で人間から犬に変身してしまった」という設定です。

ですから過去の女性関係があってもおかしくないんですよね。
最近のCMでは橋本環奈ちゃんのお母さん役として松坂慶子さんとの過去の熱愛を予感させる内容がありましたが、あれはあくまで人間だったときの話。
さすがに犬はないでしょう(笑)

■犬の年齢■


こちらが犬の年齢と人間の年齢を比べたものです。

犬の年齢


年齢には、犬種・固体によって多少誤差があるのでおおよその目安です。

5歳ぐらいまでは、大型犬より中・小型犬の方が1年に年を重ねる年数が多いのですが、5歳からは大型犬の方が早く年を重ねます。
大型犬で10年、中・小型犬で15年位が目安の寿命です。

カイくんは今年で11歳になるので、そろそろ60歳で定年といったところですよね。
仕事をする犬は普通8歳くらいまでなのでかなり頑張ったことになります。

Sponsored Link


■カイくんと海斗くんを比較■


二代目お父さんは、カイくんの息子「海斗くん」なんですが、現在放送されているCMはすでに海斗くんが出演しているそうです。

全く気づきませんでしたよね(笑)

ということで2人を画像で比較してみたいと思います。

カイくん

カイくん

海斗くん

お父さん犬海斗くん

またく見分けがつきません…。

■海斗くんのTwitterアカウント■


ちなみに海斗くんはツイッターのアカウントを持っています。


https://twitter.com/kaito_ob


まだあまり知られていないのか、フォロワーが41人しかいません(笑)

しかも2012年からつぶやきがありません。
もう使われていないのでしょうか。

ですが、今回海斗くんの出演が知られるようになりフォロワーが増えそうですね。

なんだかほんわかしてて良いです。
2011年7月24日には「僕のお父さんカイ君に会えたよ(*^_^*)」とのつぶやきも。

かわいい(笑)

■ソフトバンク犬の黒い噂■


ソフトバンクの社長はご存じ孫正義さんですが、孫さんは在日韓国人実業家のお父さんの二男です。
生まれは日本で、現在帰化し、国籍は日本なんですが、そんな出生からやたら韓国にまつわる噂が多いです。

そして、ソフトバンクのCMについても噂があります。

韓国語では、ケッセキ(犬の子)が最大の侮辱用語とのことで、日本のお父さん・日本人を侮辱している、なんて噂もありました。

が、孫さんは今は日本人で日本で仕事をしています。
そんなわかりやすいことを孫さんがするでしょうかね。

ただ日本でペットとしてポピュラーなワンちゃんを使っただけの話でしょう。
噂にすぎないと思います。


それにしてもカイトくんは長い間頑張りましたね。
これからはゆっくり、余生を楽しく過ごして欲しいものです。

Sponsored Link


今回の記事はいかがだったでしょうか?
シェアしていただけると嬉しいですし励みになります!
感想やコメントもお願いします。


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。